メニュー

介護と仕事の両立支援

介護と仕事の両立

介護と仕事の両立を目指すための課題とメリット

企業にとって健康経営以外にも、日本社会全体が抱える問題の一つである少子高齢化に適応した体制を整えることも重要とされています。働き方改革の【多様化】に関する施策を導入することで少子高齢化に対応する環境を作ることができます。
働きながら介護をしている就業者は約346万人と4年間で約1.2倍に増加しています。また、介護離職した人の4人に3人は女性です。
働き方改革の【多様化】に関する施策として介護と仕事の両立支援に取り組むことで、少子高齢化社会の問題解決へと繋がり、ひいては働き方改革の女性の活躍推進にも繋がります。

内閣府「令和元年版 高齢社会白書」より

従業員が親の介護等のため介護休業を取得する場合、介護者の収入が減少するケースが多く、かつ保険による補償もありません。93日間は雇用保険から介護休業給付金が支給されるものの、法定外の介護休業期間中は公的な補償はなく、経済的な困窮に繋がる可能性が高くなります。
また、この結果、収入を得るために介護をしながらでも働ける先に転職するケースが多いです。

課題
法定外の介護休業期間中の収入の減少を補償し介護離職の防止を目指す

介護と仕事の両立を目指すメリット

介護と仕事の両立は東京海上日動の
介護と仕事の両立支援特約で可能になります

介護と仕事の両立支援特約
介護対象者が要介護状態となり、保険の対象となる方の就業に支障が生じ、かつてん補期間開始後、所得の喪失が20%超発生している場合に保険金をお支払いします。
※当該特約は、健康状態告知なしで加入可能です。

介護と仕事の両立支援特約の
お支払いイメージ

「介護と仕事の両立支援特約」は、介護のために介護休業や短時間勤務制度を利用し、一定期間を超えて所得喪失が生じている場合に、保険金をお支払いします。

免責期間30日、てん補期間9ヶ月、約定給付率60%、
公的給付控除ありの場合の支払いイメージ

介護と仕事の両立支援特約のここがスゴイ

従来の保険では
介護と仕事の
両立支援特約

PAGE TOP