メニュー

ケガや病気の
治療・介護・メンタル疾患治療仕事との両立を実現

企業は現代社会の変化にさらされています

従業員の確保が重要です

日本の将来推計人口では、生産年齢人口は激減、高齢者人口は横ばいです。つまり、日本の最大の課題は「労働力の減少」といえます。これに対し国は、少子化対策・女性の活躍推進・定年延長・外国人材活用・ICT活用・働き方改革・両立支援といった政策を打ち立てています。それを踏まえて企業は「今いる従業員が元気で長く働き続ける職場をつくること」を実現させていくことが求められています。

出典:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」、総務省「人口推計」
経済産業省資料をもとに作成

今いる従業員が元気で長く働き続ける職場を作ることが重要

健康経営

今いる従業員が不安に思っていること

従業員はケガや病気で
収入が減ることが不安です

従業員はケガや病気になった時に不安なのは、収入が減ることや、就業不能になった場合の収入面など、金銭的問題を不安に感じていることが分かります。

ケガや病気に対する不安の内容
出典:生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」

また実際の入院経験については、3年以内に入院したことがある人は全体の6割を超え、ケガや病気に対する不安というものは切実であることがうかがえます。

GLTD(総合生活保険・団体総合生活保険)は今いる従業員が抱えている
不安を解消し、元気で長く働ける職場づくりに貢献します。

病気・ケガにより長期で就業障害になった場合に、所得の一部を補償します
病気・ケガにより長期で就業障害になった場合、日常の生活費に加え、治療費による支出が加わります。収入の減少の中、生活が大変苦しい状況になります。そんな時にGLTD(総合生活保険・団体総合生活保険)の補償があれば、減少した収入をサポートできます。

従業員が安心して働ける職場環境を整えられます

健康経営に取り組むメリット

従業員はケガや病気で収入が減ることが不安です

健康経営に取り組むことで、リクルート市場で優良な企業としての評価が上がり、優秀な人材の採用率がアップします。また、従業員にとって安心して働ける企業であるため、離職率が下がり人材の定着が見込めます。こうした人手不足の解消や企業ロイヤリティが上がることで、安定した経営へとつながります。

  • 安定した経営
    ステークホルダーからの信頼に基づく

PAGE TOP